映画『したまち金魚』出演者募集|オーディションならサンミュージック・アカデミー名古屋

サンミュージック名古屋制作映画『したまち金魚』
2022年4月22日(金)、4月23日(土)大須シネマにて公開!

サンミュージック名古屋制作映画
『したまち金魚』すべての撮影が完了。
大須シネマでの上映終了しました。
作品が見られる機会が用意でき次第、
お知らせします!!
ポスター・チラシも配布中!
大きいサイズはこちら

主要キャスト

早月葉子
岡﨑陽子
長島
磯部圭佑
幸田邦子
杉原彩夏
早月幸太
末吉康治
早月雪子
大山道代
早月せい
浅井たみ子
手塚真一
長沼亜青
犬山犬一
高瀬英竹
社員A
置田啓人
社員B
福本純里
幼少期 葉子
河路英奈
幼少期 長島
小関龍翔
幼少期葉子・長島同級生
服部真陽
秋田典亨
釣りにきたおっさん
岩田和丈
脚本・監督
小森やすのり
制作
サンミュージック名古屋

制作の様子は
公式Twitterにて発信中!

『したまち金魚』あらすじ

主人公早月葉子は三十路を迎えたばかりのOL。
幼い頃から内向的で、友達を作ることも、自分の気持ちを表に出すことも苦手な子だった。
彼女の唯一の友達は、父がお祭りで買ってくれた金魚の”金次郎”だった。
どこに行くにも金次郎と一緒だったひとりぼっちの彼女に、学友たちは「金魚」とあだ名をつける。

それから20年、彼女は趣味が高じてライフワークとなった写真を仕事にすることを夢見ていたが、
勤めている広告代理店では街頭リサーチの仕事ばかりをやらされている。
『いずれは写真の仕事もさせてやる』と社長はその場限りの言葉を繰り返すばかり。
そんな毎日でも母親譲りの前向きな性格を武器に、何とか乗り越えていた。
そんなある日、彼女に新しい携帯アプリのモニターの仕事が舞い込む。
一見新手のSNSのようだが、実は「書き込んだ願いが実現する」という
荒唐無稽でちょっと信じ難い機能を持ったアプリだった。
それを葉子に託したのは、長島さんという不思議な人物だった。
長島は葉子に言う「このアプリで3つの願い事が叶います。でも使用には規約があります。
1つ『公序良俗に沿ったオーダーであること』、
2つ『願いによって誰かが幸せになること』、
3つ『自分の欲望の実現は書き込んではいけない』。この規約を破った場合には重大なペナルティが課せられます。」
半信半疑の葉子であったが、何を願うか考え始めることになる。
その行く末は…、そして長島という男の正体は…?

公開スケジュール

<初号上映>2021年12月
<一般公開>2021年3月頃

お問い合わせ先

株式会社サンミュージック名古屋

〒460-0022名古屋市中区金山1-9-15幸伸ビル3F
TEL:052-322-3232
Mall:info@sun-music.jp
担当:高須(たかす)